沿革

日本繊維製品防虫剤工業会は、せんい製品防虫剤及び関連製品の製造、販売業者及びその関連業者の

健全な発展、会員の地位の向上並びに、我が国産業の繁栄と社会の利益に寄与することを目的として、

昭和38年設立されました。


その後、昭和38年公正取引委員会より公正競争規約作成のご指導をいただき、翌年2月6日告示第2号として

「防虫剤の表示に関する公正競争規約」が定められ、日本繊維製品防虫剤工業会が運用機関として

普及啓発活動を行っておりました。


その後、防虫剤商品が多様化(クローゼット用、防虫カバー等新しい形態の商品、新薬剤等)したことに伴って、

商品特性に関する広告表示のさらなる適正化を図り、防虫剤の適正使用の推進と、消費者の適正な商品選択と

事業者の公正な競争を確保するために、従来の「防虫剤の表示に関する公正競争規約」につき全面的な

見直しを行い、平成11年11月1日付で新規約について公正取引委員会の認定を受け、12月1日より施行いたしました。

なお、同規約の運用機関として、同年11月17日に防虫剤公正取引協議会を設立するに至りました。